授乳中でも米麹の甘酒を飲んで美容も健康も

先日、育児サークルで米麹を使った甘酒の作り方を習ってきました。
甘酒には米麹を発酵させるものと、アルコール成分を含んだ酒かすに大量の砂糖を加えたて作る2種類あります。
現在授乳中なので、アルコールは避けたいし、なにより体系維持も考えて糖分は控えたいところです。
作り方もとても簡単で、用意するものは米、米麹、水と温度計と炊飯器です。これだけそろえば1日で完成します。
甘酒というと、甘たるくてべとべとしている感じがしますが、実際にはほのかにお米の甘味がしてトロトロな感じでした。
100gで81calと低カロリーで栄養も豊富です。
気になる栄養素は、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、食物繊維、オリゴ糖、アミノ酸、ブドウ糖などです。
これらの栄養素は栄養剤として使用されている点滴の成分とほぼ同じなので、飲む点滴と呼ばれています。
そして麹にはメラニンの生成を抑制しシミや美白効果が期待できるコウジ酸が沢山含まれています。
甘酒を飲んで、塗りパックしていけば、健康にも美容にも効果が期待できるのではないかと思います。
美的ヌーボ 芸能人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です