加齢に伴う瞼のくぼみ、眼の疲れが気になる方へ

若い時にはプリプリしていた瞼も、年齢が上がるにつれてだんだんと痩せて落ち窪んだようになってきます。私の場合、長時間のスマホやパソコンでの作業、相手の話を真剣に聞いて視神経を酷使した日の夜など、影ができてしまうくらいに窪んでしまうことがあります。そうなると顔の印象も一気に老けてしまい、鏡を見るたびに残念な気持ちになってしまいますよね。そんなときの対処法はというと、まず、温かい手のひらを両目を覆うようにして目の周辺を温めてあげます。じんわりと温まって血行が良くなってきたら、眼の周りを優しくマッサージ。人差し指の腹を使い、下瞼の内側から外側へ、こめかみに向けてゆっくりと位置をずらしながら押し、刺激してあげましょう。上瞼も同じように、骨の内側を鼻筋からこめかみまでプッシュして、溜まっていた老廃物をリンパまで流してあげます。そのあと、こめかみをクルクルと小さく円を描くように少し強めに押しながらマッサージ。最後に、もう一度手のひらで目を包みこむようにして、温めてあげてください。これだけでも随分とスッキリします。お風呂上がりの化粧水を使うときにすると、目元のシワ予防などにもとても効果的ですよ。その日の疲れはその日のうちにケアして、翌朝には元気な目元にリセットしてあげましょう。
断捨離 ブログ